本文へスキップ

東北大学大学院医学系研究科 微生物学分野

ようこそ、東北大学大学院医学系研究科 微生物学分野のホームページへ。












「国境を越えた感染症研究を目指す」
数々の抗生物質やワクチンの開発により感染症は過去のものとなったというような楽観的な見方がなされていた時期もあったが、21世紀に入ってからも、新型肺炎(SARS)や鳥インフルエンザといった新興感染症が続いて起こり、さらにはブタ由来のインフルエンザによるパンデミックをも経験し、人類は今なお感染症の脅威にさらされていることを改めて思い知らされることになった。さらに、グローバリゼーションの進展した現在の世界では、新興感染症をなどの感染症が、国境を越えて瞬時に拡散する危険性が、これまでになく高まっている。微生物学分野では、実験室内での研究のみならず、フィリピンやモンゴルをはじめとする海外でのフィールドワークも行い、公衆衛生・臨床などの関連する領域と連携しながら感染症対策の研究や実践を進めている。


押谷 仁 教授 からのメッセージ



室員募集
大学院へ入学を希望される方へ
我々の分野ではフィールドの視点を重要視したウイルスを中心とした感染症研究をおこなっています。疫学研究のフィールドとしては日本だけでなくフィリピンやモン ゴルなどでも研究を行っています。
大きく分けて、呼吸器や消化器ウイルスなどのウイルス学的研究をしているグループと疫学的研究をしているグループがありますが、この2つのグループは協力しながら実際の感染症対策に役立つ研究を目指しています。
ウイルス学研究グループは、フィールドから検出された病原ウイルスを対象にウイルスの病原性や進化等に焦点をあてた基礎研究を行っています。一方、疫学グループでは、フィールドで収集したデータをもとに適切な感染症対策を提唱すると同時に、地域行政や世界保健機関に協力し公衆衛生上の対策に貢献できる研究を目指しています。
このような基礎研究および疫学研究を希望する大学院生を募集します。

進路の相談や見学など、メールでお問い合わせください(できれば、参考として簡単な履歴書・研究の興味など添えてください)。
EMAIL info@virology.med.tohoku.ac.jp


研究員としての参加を希望される方へ
現在、教員・研究員・事務員の募集はしておりません。

日本学術振興会など、外部資金による雇用を希望される方はご相談ください(参考として簡単な履歴書・研究の興味など添えてください)。
EMAIL info@virology.med.tohoku.ac.jp


News

2016/6/20
岡本助教らが長崎大学と共同研究を行った、ベトナムにおけるRSウイルスの遺伝子型による疫学的違いを検討した論文がScientific Reportsに掲載されました。
2016/4/29
J-GRIDのプロジェクトページを更新しました。
2016/4/21
斉藤([小畑]麻理子)助教らの、フィリピンにおけるチクングニアウイルスの分子疫学を調べた論文がEmerging Infectious Diseasesに掲載されました。
2016/4/17
LIU研究員らの、下痢症の原因となるサポウイルスの感染が繰り返し起こる実態を調べた論文がJournal of Clinical Microbiologyに掲載されました。
2016/4/8
新しいメンバーが加わりました(室員)。
2016/3/27
当广・CHAW・KADJI(博士)、加藤(修士)が学位を取得し卒業しました(日々の出来事)。
2016/3/10
フィリピンより短期研究員を受け入れました(日々の出来事)。
2016/2/23
古瀬助教らの、インフルエンザウイルスB型のフィリピン地域内の流行と世界的伝播の様式を考察した論文がVirologyに掲載されました。
2016/2/22
斉藤(繭)准教授、DAPAT講師の業績を更新しました。
2016/2/20
現在、技術補佐(実験補助)員を募集しています! 詳しくは、こちらをご覧ください。 終了しました。
古瀬助教らが愛知県がんセンター研究所と共同研究を行った、感染性EBウイルスゲノムの新規手法による分離法に関する論文がJournal of Virologyに掲載されました。



東北大学大学院医学系研究科
微生物学分野


東北大学大学院医学系研究科 微生物学分野

〒980-8575
宮城県仙台市青葉区星陵町2−1

TEL 022-717-8211

EMAIL info@virology.med.tohoku.ac.jp